会 則

(名 称)
第1条     この会は神奈川県タイル築炉技能士会(以下「本会」
       と言う)と称す。
(事務所)
第2条     本会の事務所を会長宅内に置くことが出来る。
(目 的)
第3条     本会はタイル築炉工事の重責を自覚し、相互扶助の
       精神に基き会員のため必要な共同研究を行い、以って
       会員の向上進展に資すると共に技術の向上、能率の増
       進、事業の発展に寄与すると共に会員相互の親睦を図
       るを目的とする。
(事 業)
第4条     本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1. 会員の行う事業振興に関する各種事業の指導及び援助
2. 技能士に関する情報、資料の提供及び広報
3. 技能士の技術向上、能率増進のための研修 講習会等の開催
4. 技能検定、技能競技大会等に対する協力
5. 技能士に関する調査及び研究
6. その他、目的達成に必要な事業
(会 員)
第5条     本会の会員は次の者とする
1. 神奈川県内にて、タイル築炉レンガ工事の事業を営む
1. 2級の技能士
2. 神奈川県内タイル築炉レンガ工事の事業所に属する
  1.2級の従業員を有する事業主
3.神奈川県内に於いて、タイル築炉レンガ工事に従事す
  る者で1.2級の受検資格を取得しようとする者
4.1.2級の技能証を有する者

(入 会)
第6条      本会に入会するには、会長及び理事会の承認を得て
         入会できる。
(脱 会)
第7条     本会を脱会しようとするには、30日前に申し出て、
       会長及び理事会の承認を受けなければならない。
(変 更)
第8条     会員は、事業所の名称、代表者の氏名及び所在地
      を変更した時は、その旨を速やかに会長に届出なけ
        ればならない。
(会 費)
第9条     会員になろうとする者は、入会金及び総会に於いて
       定めるところの会費を納入しなければならない。

第10条    前条により本会の運営を行うため、諸会費を次の通
       り徴収する。
      1.入会金    金5,000円
          (事業継承者に限り入会金は徴収しない)
      2.会 費    月1,000円とする

第11条    すでに納入した入会金、会費、その他拠出金品はい
       かなる理由があるも返金しない。

(役 員)
第12条    本会は次の役員を置く事が出来る。
       1.会  長        1名
         副 会 長        2名
         常任理事        6名
         理  事        10名
         監  査        2名
         (会長、副会長、常任理事を含む)
2. 理事、監査は総会において選任する。
3. 会長、副会長、常任理事は理事の互選による。
4. 理事、監査は相互に兼任は出来ない。

(職 務)
第13条     会長は本会を代表し、会務を総理する。
        副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務
        を代行する。
        常任理事は会長、副会長を補佐し、定められた業務を
        担当する。

(役員の任期)
第14条     役員の任期は2年とする。但し、補欠役員、増員役
        員の任期は前任者又は、現役員の残任期間とする。

第15条     本会会則又は、ふさわしくない不正行為ありたる場
        合は総会において会員の2分の1以上の同意により役
        員を解任する事が出来る。

(顧問。相談役)
第16条     本会は顧問及び相談役を置くことが出来る。
        顧問及び相談役は理事会の議決を経て会長が委嘱する。

(総 会)
第18条    1。 会長は毎事業年度終了後60日以内に通常総会を招
          集しなければならない。
       2. 会長は必要あると認めた時は理事会の意見を聞き理
          事会が必要と認めた時及び会員の総数3分の2以上
           にあたる会員が、会議の目的たる事項及び召集の理
     由 を記載した書面を会長に提出し、請求の有りたる
     時は、会長は遅滞無く臨時総会を招集しなければな
     らない。

                   3.      総会の招集は、会長が開催日時の10日前までに会

     議の目的たる事項、日時及び場所を記載した書面を
     各会員に通知して行うものとする。

第19条  1.次の事項は総会の議決を経なければならない。

(1) 会則の変更
(2) 事業計画及び収支決算の決定
(3) 解散
(4) 役員の選任又は解任
(5) その他本会の運営に関する重要事項

2. 総会は会員の2分の1以上が出席しなければ、議事を開
   き議決することは出来ない。
3. 総会の議決は出席者の2分1以上で議決する
4. 総会の議長はその総会において出席会員より選任する。
5. 総会の議事については、議事録を作成し議長及び議長が

       指名した会員がこれに署名するものとする。

(理事会)
第20条  理事会は会長、副会長、常任理事及び理事を以って
      組織し必要に応じて会長が招集する。

第21条  次の事項は理事会の議決を経なければならない。
(1) 総会に提出する議案
(2) 会務の運営に基づく理事会が処理すべき事項
(3) 会則に基づく理事会が処理すべき事項
(4) その他、会長が認めて事項

(常任理事会)
第22条  常任理事会は会長、副会長、及び常任理事を以って
      組織し必要に応じて会長が招集する。
(1) 理事会の議決いた事項のうち処理すべき事項
(2) 理事会に討議すべき事項
(3) 総会又は理事会の議決を要しない処理すべき事項

(部 会)
第23条  本会の事業達成のため、次の部会を設ける。

1. 総 務 部
2. 広 報 部 
3. 財 務 部  

(会 計)
第25条  本会会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日迄
      とする。

(慶 弔)
第26条  会員の慶弔に対して次の通り行う
       (1)会員の死亡の場合    1金 10,000円 花輪1期
       (2)会員の妻の場合     1金 10,000円 花輪1期

                    (3)家族死亡の場合      1金  5,000円  花輪1期
                             但し直系の親及び同居の親と子(後継者に限る)

       (4)会員の結婚の場合     1金 20,000円
       (5)会員お見舞いの場合    1金  5,000円
       (6)その他必要と認めた事項について、その都度協議の
          上決定する。
         前項については、当該地区組合代表より連絡有りたる時、
         請求支払いをし、又(1)、(2)項についての死亡の場合は、
         通夜告別式には本会代表が参加する。

(事務所)
第27条  本会の事務を処理するために事務所を置くことが出来る。
     事務局に関する事項は会長が理事会に諮り別に定める。

附 則